入谷カメラ散歩

93

南三陸町ではいまグリーンツーリズム・ブルーツーリズム等、
自然を体感できる観光が盛んです。

なかでも「ゆとりっぷproject」
「入谷の地元っ子が提案する、南三陸の魅力を楽しむ企画」を展開するため
この6月にスタートしたばかり。
その企画第一弾「夏の巻~カメラ片手にのんびりあぜ道編」に
参加させてもらいました。

7月13日、土曜日の昼下がり。
入谷地区「いりやど」に集まったのは7人のカメラ女子。
この日の参加者は地元の方、県内出身者、他県から来た方と様々です。

「入谷の魅力を歩いて探し、それをカメラで切り取ってみよう」
という今回のプログラム。

町の自転車屋さんであり、写真家でもある佐藤秀昭さんから
自然を撮影するためのアドバイスを受けます。
「光の当り方に気をつけて」「距離や角度も色々試してみるといいよ」
いざ出発です。

この日は弱雨。
他が暗い分、入谷の特色である緑が殊に鮮やかでした。

「お祭りの日は一本松の下でお囃子を踊るんです。」
「この山の名前には恐い謂れがあって・・・」
生粋の入谷っ子、佐藤利昭さんにガイドしてもらいながら
各々カメラで風景を切り取っていきます。



ひころの里に到着、お団子で一服。
参加の皆さんお互い初対面でも、もう共に半日歩いた「同志」です。
撮った写真を見せ合いながらお喋りが弾むのでした。

入谷の自然と文化をめぐるコースは4時間弱で終了。
地元の方だけが知る撮影スポットも堪能でき、全員大満足です。

事務局 安藤仁美さんによると
このプロジェクトは4人の女性の呼びかけで起ち上がったとのこと。
「女の子目線で町を見ると
観光ツアーやボランティア活動とは違った魅力が見つかるんですよ。
ゆとりっぷprojectで『ゆるさ』を楽しんでくださいね。」

写真は9月中旬、同地区で開催のアートフェスティバルで展示される予定だそうです。
また来たくなってしまいます。

ゆとりっぷproject
https://www.facebook.com/youtrip.minamisanriku?ref=stream

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする