<3月21日放送>みなさんぽ

168

春分の日の放送となった今回は、佐藤仁町長にタイトルコールをいただきました。インタビューでは、南三陸町観光協会の佐藤慶治さんに、この春スタートするサイクルツーリズムの取り組みについてお話を伺いました。

オープニング

オープニングでは、「志のや」の「南三陸キラキラ春つげ丼」をご紹介しました。佐藤仁町長にタイトルコールをいただき、みなさんぽ、スタートです!

町長も「たくさんの皆さんにお召し上がりいただきたい」と絶賛の春つげ丼。お店の個性が丼のアレンジに色濃く表れるメニューです。提供店舗をはしごして、食べ比べるのも楽しそうですね!

南三陸キラキラ春つげ丼(観光協会HP内)
https://www.m-kankou.jp/bowl/kirakira-harutsuge-bowl/

インタビュー

今回インタビューに応じてくださったのは、南三陸町観光協会の佐藤慶治さん。春から新しく始まる「サイクルツーリズム」の取り組みについてお話を伺いました。

佐藤さんは南三陸町の出身。仙台の大学を卒業後、「地元の方で働きたい、地元の方々と関われるようなものがしたい」との想いから観光協会で働き始め、もうすぐ丸2年になります。観光協会の仕事以外にも、有志でスポーツのイベントを開催するなど、地域で顔が広い佐藤さん。「自分自身が好きなものをできるので、自分が町にしたいことを掛け合わせて、好きなもので充実した生活が送れるようにしています」。

この春、観光協会は新たにサイクルツーリズムのツアーを始めます。その名も、南三陸里山×里海ツーリズム「みなチャリ!」。昨年秋ごろから準備を進め、佐藤さんも中心となって関わってきました。「町の奥の方とか、車で立ち寄りにくそうな場所が多々ありまして、どうつなげたらいいのかな、自分たちとしても新しい観光プランとして何か作れないか、となったときに、自転車があるじゃないかと」。

コンセプトは「ゆっくり交流」。地域ガイドの案内を聞きながらコースを進み、民家に立ち寄り地元の方と交流できる休憩所も設けます。ツアーは「自転車の日」である5月5日に提供開始。「春芽吹くシーズンですので、町の風景も楽しみながら美味しい食事も楽しみつつ、サイクルプランもありますので、楽しんでいただければ」。と話す佐藤さん。南三陸観光の新たな楽しみ方が、また一つ増えそうです。

 

南三陸里山×里海サイクルツーリズム「みなチャリ!」(観光協会HP内)
https://www.m-kankou.jp/program/198774.html/

聞き逃した方はradikoでお聞きいただけます

パソコンやスマホでラジオが聴けるradikoでは、過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことができます。残念ながら聞き逃してしまったという方はぜひこちらでお聞きください!

http://radiko.jp/#!/ts/DATEFM/20180321123000

いいね!して
南三陸を応援

フォローする