<3月14日放送>みなさんぽ

175

3月14日の放送では、戸倉地区にある「ペンション オーイング」オーナーの西條りき子さんに、メカのカマ煮をご紹介いただきました。インタビューでは、「南三陸ねぎ応援プロジェクト」の原田安穏さんに、南三陸ねぎ応援プロジェクトについてお話を伺いました。

オープニング

オープニングでは、戸倉地区の「ペンション オーイング」にて、メカのカマ煮をご紹介しました。オーナーの西條りき子さんにタイトルコールをいただき、みなさんぽ、スタートです。

「オーイング」は約30年の歴史をもちます。震災で休業しましたが、2016年秋に再開。「震災後ここまで元気に少しずつなってきたんだよーというのを一緒に見てほしい」と話す西條さん。暖かくなるこれからの季節、多くの方に来ていただきたいですね!

インタビュー

今回インタビューに応じてくださったのは、「南三陸ねぎ応援プロジェクト」広報担当の原田安穏さん。2年目を迎えたプロジェクトについて、これまでの活動や今後の展望などを伺いました。

「南三陸ねぎ」は、南三陸町と気仙沼市で栽培されている長ネギの総称。「南三陸ねぎ応援プロジェクト」は、クリエイターが集まり、南三陸ネギの全国ブランド化を応援する活動です。

大学生の頃からヒッチハイクをしていた原田さん。元々はブロガーとしてこのプロジェクトに関わっていました。昨年、「グリーンファーマーズ宮城」での農業体験ボランティアを通し、農業に携わる方々の想いにふれ、広報担当として活動により強く関わるようになりました。

プロジェクトを立ち上げた2017年は、ブロガーをサポーターとして募ることによる魅力発信、他地域のラーメン店とのコラボ、を行ってきました。東京都八王子市のラーメン店とコラボした時には、1,500杯もの注文があったのだとか。

2年目となった今年の目標は、「南三陸に住んでいる人たちに南三陸ネギを知ってほしい」と話す原田さん。今後の展望については、「南三陸ねぎを通して不屈の精神を全国に発信したい」「ブランド価値の向上、収益性の向上、交流人口の増加や、就農人口の増加にも寄与していきたい」と意気込みを語ってくれました。

南三陸ねぎ応援プロジェクト
http://37336negi.com/

聞き逃した方はradikoでお聞きいただけます

パソコンやスマホでラジオが聴けるradikoでは、過去1週間以内に放送された番組を後から聴くことができます。残念ながら聞き逃してしまったという方はぜひこちらでお聞きください!
http://radiko.jp/#!/ts/DATEFM/20180314123000

いいね!して
南三陸を応援

フォローする