宮城の内陸部から南三陸町へ / 佐々木佑委さん

611

南三陸町に嫁いできたお嫁さんを紹介する『嫁めぐり』。今回は、宮城県の南部にある角田市より南三陸町戸倉地区へと嫁がれた佐々木佑委さん(25歳)をご紹介します。

佑委さんは共通の友人を通し出会い、1年のお付き合いを経て23歳の時にご結婚されました。現在は旦那様のご実家に6人家族で暮らしています。

2人には3月で1歳になる愛娘の來愛(くるあ)ちゃんがいます。

同じ宮城県なのに…

嫁いで大変だったことは、同じ宮城県なのに方言が違い、なかなか理解できなかったそうです。

どなたも最初は、当たる言葉の壁ですね!現在は(何となく)理解できるようになったそうです。

一番大変な事は、

「何をするにも時間がかかってしまうこと。近場にスーパーや子ども服を売っている店が無く、近場でも30分以上かかり、買い物をするにも1日がかりになってしまう時があります。」

そして、被災地での生活の不安。でも、優しい旦那様がカバーしてくれていますので楽しく生活できています。

嫁いで良かった事は?

南三陸町に嫁いで良かったことは「角田市は内陸なので海の幸をなかなか食べれませんでしたが、南三陸では新鮮で美味しい海の幸がたくさん食べれること!!」だそうです。

そのほか、人と人とのつながりが強く、面倒見の良い頼れる先輩が多いこと。コンビニなどの店員さんも何度か利用していると顔を覚えて、話かけてくれたりと、とても嬉しいとのこと。

嫁いだ最初の時期は、コミュニティの結束がとても強く輪に入っていくのも戸惑っていました。でも、今はとてもありがたいものだと感じているようです。

こんな町になってほしい事や要望は?

「小さい子でも遊べる公園が欲しいです!!そして、お店がまばらに点在しているため、子どもを連れての買い物や移動が大変で、1本の道路にお店などがまとまってくれるとありがたい。」とのこと

來愛ちゃんの名前の由来やメッセージ

「名前はたくさんの人に愛されるようにという思いを込め夫婦で決めました。そしてこれからも何事にも挑戦して、明るく元気に育ってください。」

成長が楽しみですね!

いいね!して
南三陸を応援

フォローする