小森御前社

264

岩手県沿岸に津波注意報が発令されています。
今後の状況により範囲が拡大する可能性もあります。
充分にご注意ください。

国道398号沿い、志津川インターチェンジ予定地近くに
鮮やかな赤の鳥居が立っています。
小森御前社(こもりごぜんしゃ)といって
義経家臣の妻・小森御前に所縁を持つ歴史の古い神社です。

南三陸町 VIRTUAL MUSEUM
小森御前社
http://www.town.minamisanriku.miyagi.jp/museum/life/article.php?p=283

4年前に津波の被害に遭い、
現在の鳥居・本殿は2013年に住民有志の手で再建されたものです。
本殿の位置は山のふもとから中腹に移されました。

先日は本殿の扉が開かれており、初めて中へ入ることができました。
祭壇も小ぶりのお鈴も真新しく、
清々しい気持ちで手を合わせました。

境内からは八幡川や商業地が見渡せます。


小森御前社は800年以上ものあいだ人々から慕われ、祀られ続ける神社です。
今も新しい社から町を見守ってくださっています。

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓


 

いいね!して
南三陸を応援

フォローする