南三陸BIO 南三陸産の液肥の散布が始まりました!

町では昨年の10月中旬から、今まで燃えるゴミとして捨てられていた生ごみを、地域でさらに活用して生ごみからできた液肥(液体の肥料)を作っています。南三陸BIOという施設で町内から集めた生ごみから液肥つくりをしているのは、アミタ株式会社で東日本大震災後から南三陸町に来て、様々な活動を行っています。

「南三陸・海のビジターセンター」(仮称)安全祈願祭

2月16日、戸倉波伝谷地区の漁港沿いです。 漁港のそばには、「宮城県...

南三陸杉で学ぶ地域資源の魅力

春の訪れを感じさせるような穏やかな日。 南三陸杉の、コンッという優し...

南三陸町総合戦略住民説明会

南三陸町では国の「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に基づき、企画課地方創生・官民...

歌津地区沿岸の復興状況

志津川の高台造成地に常設第一号となる店舗がオープンするなど、 震災5...

国道398号

先日国道45号を取り上げましたが、今日は町の中を通る国道2本のうちの もう1...

伊里前福幸商店街の引っ越しです。

先日、オープン4周年で紹介した伊里前福幸商店街。 伊里前地区のか...

交通安全繭マスコット運動

町立戸倉小学校では毎年4年生に向け、 養蚕についての特別授業を行っています。関連...

国道45号

南三陸町志津川地区の町を通る国道2本のうちの1本、45号。(もう1本は...

南三陸病院・総合ケアセンター南三陸が完成!

11月25日「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」の落成式がありました。...

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

雨も風もなんのその!南三陸の旬を満喫する「芋煮会」開催

2017年10月29日(日)にハマーレ歌津にて「南三陸 de 芋煮会 2017」が開催されました。主催は、南三陸のさまざまな職人が連携し活動する南三陸海しょくにん。当日は風雨のなか、旬を満喫しようと多くのお客さんが集っていました。

南三陸のまちづくり