鮮魚店「さかなのみうら」新装開店!

今日は年末に嬉しいニュースを一つ。鮮魚店『さかなのみうら』が新装オープンしました。

南三陸町志津川の田んぼに大ダコあらわる?!

赤土の盛り土に囲まれる、中瀬町地区。茶色一色の風景の中に若い稲のみどり色が広がる。コントラストが美しい田んぼの中に突如大タコが現れた!これは一体?!謎に迫ります。

集え、学生!この夏は、南三陸で実践型インターンシップ

この夏、南三陸町の企業でインターンシップを行う学生を募集しています。これは、単なる就業体験ではなく、本気で受け入れ先の経営課題の解決に挑む復興庁主催のプログラム。コーディネート兼メンターとして学生と伴走するNPO法人底上げの野田篤秀さんに本プログラムについてお話を伺いました。

唯一残った看板。及新(OISHIN)

本日は小雨が降っており、朝8時の気温は11度。予報によると、あまり気温が変わらな...

南三陸の手織りレザーバック/株式会社アストロ・テック

震災後、バッグのOEM製造受託、自社製品の製造販売(ネット販売のみ)事業を開始。 やはり事業領域は手仕事でじっくりといいものを作って付加価値をつける、というところ。

ウニの開口

『開口』とは、一部の海産物に対する解漁期間のこと。「この日この時間だけ採っていいよ!」と制限することで、ウニやアワビ・海藻といった希少な海の幸を守っています。

「漁師 歌津小太郎」直営店オープン!

昨年12月、歌津管の浜にできた煌びやかな建物。 それが「漁師 歌津小...

ぬくもり工房

町の女性は働き者。女性ばかりで事業を立ち上げる例も増えてきました。今日はそんな中...

地域の木材を活かす。丸平木材

天気のいい朝。稲刈りや枝豆の収穫などを通して、「収穫の秋」を感じる時期です。 ...

町の漁業を支える水産加工会社。行場商店

先日、志津川の魚市場近くにて、 2011年の夏より営業を再開されている行場商店さ...

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

これからも応援を! 南三陸町のためにがんばるオクトパス君

南三陸町の人気キャラクター、オクトパス君。着ぐるみは町内外のイベントに引っ張りだこで、地元はもちろん全国にファンがいます。南三陸町にとってオクトパス君の存在とは…?オクトパス君の活躍を振り返ります。

南三陸のまちづくり