南三陸町の海産物を堪能!「若手漁師軍団と牡蠣に酔いしれナイト」

4月28日、仙台市国分町にあるフレンチレストラン「ビストロアンコール」で南三陸の海産物を堪能するイベントが開かれました。イベントでは南三陸町の漁師も招かれトークなども実施。また海産物だけではなく、南三陸町で栽培されたリンゴを使用したシードルも振る舞われ、参加者は舌鼓を打っていました。

春の海藻三昧「ふのり・まつも・めかぶ」

突然ですがクイズです。 下の写真の海藻3種の名前はわかりますか? ...

ウニの開口

『開口』とは、一部の海産物に対する解漁期間のこと。「この日この時間だけ採っていいよ!」と制限することで、ウニやアワビ・海藻といった希少な海の幸を守っています。

今が旬!わかめ漁(前編)

南三陸では今、わかめが旬を迎えています。大きくて歯ごたえの良い三陸わかめは国産物...

ネイチャーセンター準備室

今日は朝から霧雨。昨晩も気温が涼しく、夏の終わりを感じさせます。 「クチバ...

漁師の番屋

2月のよく晴れた日。 戸倉地区水戸辺 漁師の番屋にお邪魔しました。...

ホタテの養殖 前編

昨夜久しぶりに震度4の地震があったため、防災用品のチェックを行いました。皆さんも...

新魚市場建設

南三陸町では特産のワカメが盛期を迎え、漁業者の方々は忙しい日々を過ごし...

町の漁業を支える水産加工会社。行場商店

先日、志津川の魚市場近くにて、 2011年の夏より営業を再開されている行場商店さ...
南三陸町が日本初の認証です! ASC認証取得伝達式

南三陸町が日本初の認証です! ASC認証取得伝達式

環境に配慮した養殖場としての認証、ASC国際認証。日本で初めて宮城県漁業共同組合志津川支所出張所戸倉かき生産部会が取得し、認証取得伝達式が5月18日に南三陸ホテル観洋で執り行われました。

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

小さいころから大好きな地元の魅力を全国へ/佐藤可奈子さん

南三陸に生きる⼈を巡り、⼀巡りしていく連載企画「南三陸ひとめぐり」。第23弾は今年、南三陸町観光協会に戻ってきて大好きな地元の魅力を発信する佐藤可奈子さん。小さいときから、これまでの歩みを振り返ります。

南三陸のまちづくり