きりこ作りワークショップ

東北も梅雨が明け、夏本番となりました。 今日は涼を呼ぶきりこの話題です。 ...

里山自然探検~童子山編~(後編)

昨日に引き続き、里山自然探検~童子山編~の様子をご紹介いたします。 草地...

里山自然探検~童子山編~(前編)

梅雨の晴れ間となった14日、土曜日。 入谷地区で行われた“里山自然探検~...

きっずるーむボイス

とある早朝、志津川地区田尻畑。 菊畑に囲まれたコンテナハウスから電子ピアノの音...

子ども広場にこま~る 続報

久しぶりに、障がいを持つ子どもたちの遊び場 『子ども広場 にこま~る』へお邪魔...

南三陸化石の学校 後編

化石の産地として知られる南三陸町。1881年、ドイツの地質学者ハインリッヒ・エド...

南三陸化石の学校 前編

魚竜をはじめ古代の化石が多数発見されている南三陸町。 (以前ご紹介した記事はこ...

町民公開講座

冬本番。 道路が凍結しています。 1月24日。 志津川保健センターに集...

自習支援TERACO

受験シーズンですね。 お邪魔したのは志津川地区御前下、「自習支援TERACO」...

今週の人気記事

南三陸のニュース

7年ぶりの再開。「サンオーレそではま海水浴場」

震災で大きな被害を受けた「サンオーレそではま海水浴場」が2017年7月15日に、7年ぶりに再開しました。海水浴場と隣接する荒島パークには、さっそく地域の子どもたちの笑い声が響き渡っています。

最新の連載記事

歓びの唄をもう一度 〜戸倉浜甚句〜

「戸倉浜甚句」は、南三陸町戸倉地区(旧戸倉村)を中心に伝わる郷土芸能であり、小中学校の運動会や体育大会、敬老会等、さまざまな地区行事の際に唄い、踊り継がれてきました。震災による影響で活動の場や衣装を失ってしまいながらも、地域の方々の地道な保存活動により、今日まで伝承されてきました。

南三陸のまちづくり