〈1月25日放送〉みなさんぽ

134

「オープニングコール」は恋岬のプロジェクトの佐藤良夫さんから始まり、「まちのひと」は明神崎荘で佐々木さんで明神崎荘についてです!

そして、今週のイチオシのコーナーは金比羅丸「花咲くわかめ」です!

オープニングコール

恋岬のプロジェクトの佐藤良夫さん

 

まちのひと

明神崎荘で佐々木さんで明神崎荘についてです!

 

今週のイチオシ

歌津地区の漁師、金比羅丸船長の高橋直哉さんが作る「花咲くわかめ」です。

「肉厚で歯ごたえのあるわかめは、一度食べたらとりこになる」と言われるほど人気の南三陸歌津地方のわかめ。地元住民にはもちろん、観光客にもおすすめの南三陸の代名詞ともいえる商品です。そんな三陸産わかめの葉肉が、もっとも厚くなる時期は南三陸で桜が咲き誇るころ。その時期に収穫したわかめを、花の形に手作業で切り抜いて乾燥させました。スープに入れれば1~2分で、花がぱっと咲き誇ります。見た目の華やかさにリラックスして心も晴れやかになるでしょう。三陸沿岸の荒波にもまれながらも、しっかりと肉厚に育ったわかめは、受験という厳しい環境のなかでもがんばってきた受験生のようすを表しているようですね。

価格は税込み1袋648円です。詳細は、金比羅丸のホームページからお問い合わせください。

本格的に始まる受験シーズン、ゲン担ぎに「花咲くわかめ」を食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ホームページ
お問い合わせ 080-8210-6262(金比羅丸・高橋直哉さん)

いいね!して
南三陸を応援

フォローする