心の音楽祭

200

ゴールデンウイークを過ぎても町はイベント続き。
明日からの3日間も入谷地区 ひころの里にて
音楽ライブやワークショップ、数々のブースの集まる
『心の音楽祭』が開催されます。

ひころの里といえば民話や松笠屋敷など「和」のイメージ。
ですが、『心の音楽祭』出演者リストには
テクノやレゲエ音楽のアーティストの名前が並びます。
これはいったいどんな趣向なんでしょうか。

4月某日、お邪魔したのは石巻の一軒家。
茶の間にて『心の音楽祭』運営の皆さんがミーティング中でした。

お話を伺ったのは代表の打越文彦さん(下写真左)です。
(右は前代表の内海たえ子さん)

「『心の音楽祭』は今回で3回目です。
 過去2回は石巻市内で開催し、
 地域とアート、石巻に目を向ける人々とのつながりを深めてきました。
 ボランティアの輪から生まれた活動は徐々に地域を巻き込み、
 今では地元出身者・Uターン者・移住者、
 様々な人材が特技と意欲を持ち込んでいます。」

「アーティスト・出展者・運営など
 参加者全員が個人の意思で携わり、各々の良心で動いています。
 たとえば自分たちが根付き、未来の種を落とすことで
 そこを触れあいや会話の溢れる森にしたい。
 そして南三陸にも多くの人を迎えられる交流の場が増えてほしい、そう思っています。」

海外を放浪した経験を持つ打越さんは
日本の文化には世界を救う力がある、と力説します。
「震災直後の助け合いからも見られるように、
 日本には慈しみ・譲る意識の文化があります。
 ひころの里にはそんな文化がたくさん詰まっているんです。」


この日のミーティングでお会いしたのはいずれも若い方ばかり。
設営・物販・装飾など、
それぞれの得意分野に自負を持って参加されている姿が印象的でした。

『ひころの里』は『光の里』。
若い光が輝く『心の音楽祭』は明日から開催です。

■2014 心の音楽祭 ―集楽一揆―
日時:5月9日(金)~5月11日(日)
場所:南三陸町入谷 ひころの里
入場料:無料
公式サイト
http://kokoroongakusai.wix.com/syurakuikki
facebook
https://www.facebook.com/kokoro.ongakusai

(日比谷)

より多くの方に読んでいただけるよう
「南三陸なう」は現在、ブログランキングに参加しています。
以下バナーへの1クリックにご協力をお願いします!m(_ _)m
  ↓  ↓  ↓



いいね!して
南三陸を応援

フォローする